社会福祉法人 風と虹 筑後いずみ園

学校教育について

子どもたちの将来につながる学習支援環境

学齢期の子どもにとって、学業の習得は自尊感情や将来の夢・希望にも繋がる重要な作業です。しかし、入所する多くの子ども達には、学業での課題があるようです。それは知能の問題と言うよりは、毎日登校して授業に参加することが難しかったり、学習障害などの要因だったり、勉強に集中できないほどの情緒的な不安定さがあるからです。

筑後いずみ園には筑後市立水田小学校いずみ分校、筑後市立筑後中学校いずみ分教室があり、特別に訓練を受けた先生から、小規模クラスで、それぞれの子どもの学習習熟度や個性を重視した学習指導を受けることが出来ます。また、水田小学校本校や筑後中学校本校との交流も多く、運動会・体育会、修学旅行、小学校社会科見学、中学校定期考査など、学校行事のほとんどはいずみ園の子どもたちも本校で参加しています。また、筑後いずみ園には福岡県立博多青松高等学校通信部があります。博多青松高等学校の先生が筑後いずみ園で授業(スクーリング)を行い、日ごろのレポートなどは筑後いずみ園で学習指導を行います。

整った環境の中で、子どもたち一人一人に必要な学習支援を行うことで、子どもたちの学業成績は目覚ましく伸びていきます。それが子どもの将来につながっていきます。

  • 筑後市立水田小学校いずみ分校
  • 筑後市立筑後中学校いずみ分教室
  • 福岡県立博多青松高等学校通信部

筑後いずみ園の治療について

facebook